獄中日記

まだ捕まってません

1027 アラジン

劇団四季のアラジン見に行きました。

www.shiki.jpこれです。

チケット一枚約12,000円。俺は死んだ。

原作アラジンは小学生以来見てないのでストーリーはギリ覚えてるって主張できるくらいのレベル。

全体の印象ですが,めちゃめちゃきらびやかで豪華。そして明るい。どこを見ようか迷うくらい舞台セットと役者さんが動きます。ジーニーやアラジンだけ追うつもりでも舞台奥に一旦行って戻ったり…ってシーンも多いので,はえーどこ見たらいいんだすげーってなってると次に進んでしまう。確かにリピートしてしまう人の気持ちもわかる。

役者さんももちろんすごいんですけど,舞台セットとか衣装も半端じゃない。爆発するし光るし大道具は動くし下からせり出すし絨毯は飛ぶ。どうやってんの?ってのもたくさんあって,現代の芝居(というかミュージカル)の見せ方ってすごいんだなあって感じでした。四季は神。

あとジーニーが本当にジーニー。

 

あと前半60分,休憩20分,後半40分の構成だったので,それぞれ印象的だったシーンの話とかします。

前半は多分ジーニー登場シーンが力の入ってるところで,7分ちょいくらいずっと踊ってます。神。曲目はフレンド・ライク・ミー

www.youtube.com雰囲気はこんな感じ。

ジーニーの明るさとか楽しい感じをこれでもかってくらいに投げかけてくる。

ビビディ・バビディ・ブーは早すぎて言えませんでした。すまんこ

中盤に突っ込んであるディズニーメドレーは半分くらいしかわからなかった。全部わかるくらいのディズニーファンならもっと楽しめそう。

 

後半はやっぱりホール・ニュー・ワールド。空飛ぶ絨毯で星空を駆け抜けるシーンです。アラジンとジャスミンのデュエット。

「僕を信じて!」で城の窓辺から絨毯に乗る→飛び立つ→セットが解体して左右へ→真っ暗な中で星が煌めく中を歌いながら絨毯が飛び回る…っていうのを目の前で見せられるのはマジですごい。俺の目が悪いのかワイヤーはまじで見えない。最後でもう一回登場するところでも見えなかった。

 

あとは…カーテンコールがめちゃサービスしてくれてて嬉しかったです。まあそこまでお決まりなのかもしれないけど,ちゃんとカーテンコール自体にもオチ(? がついてるのはうれしい。拍手やめるタイミングもつかめるし。


次にもし行くなら瀧山ジーニーが見てみたいかも

君はDANCERUSH STARDOM をもうプレイしたか?

こんばんは。今日はね、ゲームの話をします。

前提の話をしておきますが、この記事は陰のオタクで、かつ音ゲー(主にbemani系列)経験者、かつダンスラはやってないみなさんを対象に書かれています。

パリピのみなさんや社会性ある一般人のみなさん向けではありません。その辺よろしくおねがいします。

 

さて、昨今新機種の稼動がそこそこ激しい音ゲー業界ですが、DDR20周年の今年、ダンエボ以来となるダンスゲーの新作稼動と相成りました。その名もDANCERUSH STARDOM。運動不足のオタクにシャッフルダンスを踊らせようというイカれたコンセプトを掲げたゲームです。DDRをプレイしていなかったら俺も絶対手を出していなかったでしょう。

www.youtube.com コンセプトムービーが俺たちを拒んでいる

 

で、中身の話なのですが、おそらく音ゲーオタクは「チュウニズムを足でやるゲームっしょ?」くらいの認識があるのではないかと思います。8割正しい。

2割が何かと言うと、このゲームはスコアが絶対正義ではないこと、譜面処理の自由度が比較的高いこと、曲のラインナップ…あたりが挙げられそうです。他にも色々言いたいことあるんですけど、雑な認識としてはそんな感じ。

俺が思う楽しいポイントですが、

・割と譜面処理だけでもダンスっぽい動きができる

・(スコアではなく)動けるようになったな、みたいな上達を感じやすい

・それだけでなく、音ゲー的にも遊べる(後述)

 

悲しいポイントですが

・設置店舗が少ない

・曲が(比較的)少ない

・誤反応が割とある

・ゲーム外でお出しされている情報が多め

・フロアの視線を独り占めしてしまうことがある

あたりですね。でもネガはまた今後やります。

 

まず譜面処理の自由度についてですが、その前にこのゲームの基本についてお話しておいた方がよさそうです。動画を見てくれ。

www.youtube.com

公式のチュートリアル動画です。3分以内でだいたいわかります。

こんな感じでノーツを処理していくのですが、DDRと違って踏んでいい場所はクソ広いです。どこ踏んでいいの!?となることもないかと思います。

www.youtube.com

これは動画ですが、ゲーム内にも各ステップのチュートリアルが用意されていて、手取り足取り教えてくれます(有料)

で、どの辺が自由かと言うと、RRRみたいな単発ノーツを踏む時、別に片足挙げて3回踏んでもいいのですが、Tステップで前進しながら取れるな、とかそういったことが上達と共にわかってくる部分があります。ここ楽しいポイントです。

例えば

www.nicovideo.jp

この動画のにいちゃんはLRLRLR…の単発ノーツをを正面向きで交互に取っていますが…

www.youtube.com

こちらではほぼ全てのノーツをランニングマンで処理しています。こっちのほうが”それっぽい”ですね。

この譜面は明らかにこういった処理を想定して配置されていますが、他の曲でも色々なステップで処理できる配置になっていたりします。別にどれが正解ということもないので、音ゲーやりに来たんだよころすぞって人は一番正確にノーツが取れると思う動きをすればいいし、ダンスしに来た人は見栄えがよさそうな動きを考えればいいと思います。懐が広いね。

先に言っていた「スコア至上主義じゃない」みたいなのもそういうことで、本当にスコアだけ気にするなら単発の交互ノーツをランニングマンで取るのはリスクでしょう。多分普通に踏んだほうがスコア的にはよいかと思います。そういった部分はダンエボの精神的続編要素と言えなくもない…のかな。

まあでも踏めてない場合は「踏めてねえよ死ね」ってスコアがちゃんと出るので、そういった意味ではちゃんと伝統的な音ゲー的にも遊べます。

 

新規ちゃんがプレイするには若干ハードルが高いのはまあそうなのですが、ゲーセンまではもう来てるんだしあとは筐体にパッセーするだけです。やりましょう。

でもいきなりやるのは怖い!そんな人向けにアドバイスを書きます。

 

ゲームプレイ前

・水とタオルを用意

別になくてもいいけど2クレ以上やったらいると思う。

・パッセーリを補充

EX(120パセリ設定だと思う)でやったほうがいい。後述

・店舗を探す

人が多すぎるとこと横にプリクラが設置されてるとこはやめとけ(一敗)

慣れたら好きにしてください

 

筐体まで来たら

・E-amuなしでプレイするのはやめとけ

オタクは全員パセリも登録してると思うけど、このゲーム100円or100パセリの通常スタートだと2曲設定でキレることになるので、大人しく120パセリのEX(2+EXステージ1曲)で始めよう。

・ステージの真ん中に立て

オタクはすぐビビってステージの後ろ~のギリギリのとこに立っちゃうんですけど、前後に動くように癖を付ける意味でも真ん中に立ちましょう。もうクレジット入れたんだからビビるなって。

・オプションを弄れ

他のゲームから来たオタクにハイスピの話とか一からしませんけど、床(ステージ)の光量は75%(デフォは100)にしたほうがいいかも。ちょっと眩しいので。適度にいじってください。HSは早くしすぎるなよそういうゲームじゃないからな。

・最初は大人しくレッスンやったほうがいい

多分めんどくさくてチュートリアル動画見てないと思うので、ここでやりましょう。Tステップとランニングマンさえできれば残りはごまかせます

・選曲

好きな曲やっていいよ。って書いちゃうと終わってしまうので適当に書きます。

今日からやるぞ!って人は邦楽の版権枠Lv.6以下あたりから始めるのが無難。DDRもダンエボもやってねえわって人は3とかから順次上げていってください。ハッピーシンセサイザ/ふつう6 とかはランニングマンがないので、降ってきたノーツを踏んでるだけでOKです。これができればゲームにはなってると思います。

慣れてきたあとの各ステップの練習枠としては small steps/ふつう8 や今回のGYMイベントで解禁される bad riddim/ふつう7 あたりがいいかと思います。(というかGYM解禁枠は5曲とも練習向きなんだけど、解禁に1曲5クレ必要なので…解禁中の曲はプレイ自体はできるので、最初の一曲だけ挙げました)

通常枠の曲だとBEMANIフォルダ内の移植じゃない曲がいいと思います。smooochとかsigsigとかは癖が強い気がするので。別にやってもいいんだけど。

早い曲のランニングマンは形が崩れてわけわかんなくなっちゃうので最初はやりすぎないほうがいいと思います。癖がつくと治すのめんどいし。

全曲埋めてもそんなかからんので上からやってくのもアリです。

・EXはライフ10

このゲーム、ゲージはクソ甘いですがEXはミス10で強制終了のDDR方式なので気をつけましょう。簡単な曲をきれいに踏んだりEX専用曲に特攻して死んだりすればいいと思う。

 

こんなとこかな。

あと公式twitterのメディア欄とか覗くと色々あっていいかもしれない。

DANCERUSH STARDOM公式 (@DANCERUSH573) | Twitter

 

今の所勧めてやってくれた人が1人とかなので、恥ずかしい気持ちを捨てて筐体の上に立ってみてください。きっと他のゲームにはない体験ができると思います。

質問等、twitter@mutoreimuまで投げてくれれば対応します。苦情は受け付けません。

 

そこのオタク、今週末はゲーセンに行けよ。

1008 課題図書

9、19月分の課題について書きます。俺は本気だ。

例によってあんまりネタバレに配慮してません。まあ今回の2冊はそういう感じの本じゃないので心配いらないね。

 

9月の課題はこれでした。 

9月中旬には読み終わってたのになんとなく面倒でこっちを放置してしまった。

25年目の「ただいま」

25年目の「ただいま」

  • 作者: サルー・ブライアリー,舩山むつみ
  • 出版社/メーカー: 静山社
  • 発売日: 2015/09/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

リンク先飛んでもらえばわかるんですけど、 インドで迷子になって孤児として保護された少年が、25年ぶりにgoogle earthで地元を発見して帰るって話です。古書で買ったらカバーが映画仕様で気が付きました。

著者の迷子太郎氏は(サルーくんです。サルーくんじゃなかったけど)かなり気を遣ってこの本を書いているように感じられ、だいたいの登場人物が聖人になっています。そんなことある?

もちろん怖い目にあったりしたことはちゃんと書いてあるんですが、かなり淡々としているのでエンターテイメントとしてはあんまり…って感じです。良くも悪くもあらすじ通り。

これ多少脚色してそれっぽく仕上げればめっちゃ面白くなりそうじゃん?というのがメインの感想なので、もしかすると映画かなり面白いのかもしれない。

日本人だとインドの状況がパッと直感的にはわからないので、その辺も映像だと多分うまいこと処理されるのではないかという期待がある。そのうち見るかも。

 

 

続いて10月分の課題はこれです。

時々来る「う~ん、山登りたくない?」という発作を抑えるために選定されました。

常備薬としては神々の山嶺などが知られています。

 

垂直の記憶 (ヤマケイ文庫)

垂直の記憶 (ヤマケイ文庫)

 

 日本が誇るクレイジークライマー山野井泰史さんの自伝?です。

失敗も成功も本当に事実だけ(なんだろうと思う)を淡々と書いているので、K2とかも確か結構な偉業だったはずなのに、作中だと本当にあっさりしている。あっさりしすぎててビビる。俺が白馬岳登ったときよりあっさりしてるもん。

最終章、凍傷で指を失ったギャチュン・カンの壮絶さは本当にすごい。先に言ったように淡々とした文体なのにクソほど重い。読んでて口から「うげ……」とか出てくる。何も煽られたりしてないのに。この章の夫婦それぞれの手記は読む価値がある。

あと各章の合間に入ってるコラムがかなりキてて、彼の山に挑むモチベーションの源泉やその生き方が常人からは遠く離れた境地にあることがよくわかる。本人の書いたとおり、「山で死ぬことを許された人間」なんだろうと思った。

多分「凍」も読みます。

ブログの話

全国100人のファンのみなさんこんにちは。更新しろと言われたので更新します。

8月のほぼ毎日更新、達成できてよかったですね。

みなさんもそう思いませんか?僕はそう思っています。

毎日更新の感想書くぞ!と思ってから2週間が経過しましたが、開き直りの姿勢を形成できたので発信することにします。やらなきゃ意味ないよ(とも子)

 

ブログを毎日更新するよう心がけたのは初めてのことで、なんだか新鮮でした。twitterはそういった一種の気負いのようなものは全く存在しませんし、まとまった文章を書くというのは脳の違った部分を使っているような気がします。知らんけど。

 

最初に驚いたのは、更新してtwitterに投げておくと一日100人くらいは訪問してくることで、(あとはてなの新着とかにも出るの?)これは嬉しかった。twitterにモリモリ流れてくるゴミと違ってURL踏んで読むっていうのはある程度ハードルあるなと思っていたので、虚無虚無アンド虚無みたいなアレになってもやるぞ一ヶ月!みたいな気持ちは無駄になった格好です。よかったね。

あと夏休みって割と何やってたっけ?虚無?みたいな気持ちになるのですが、8月の記録を毎日残したので案外虚無じゃないな!という感想が得られたのもプラス。よく見ると結構無を実行してるけど、無を生成実績が溜まってると無じゃないみたいな錯覚が得られるんですよ。お得~

もう一つ、後でブログ書こうと思ってると積極的に記憶や写真を残そうとしますね。僕は元からあんまり写真も取らない人なのですが、今回のこれのおかげでカメラロールに残った写真は間違いなく増えた気がします。これもお得。

あとは……案外楽しかったのでヒマになりそうなタイミングでまたやろうかなと思います。なんか気持ち活動的になってた気がするし健康にいいよね。

 

毎日ブログ更新するやつは偉い。これが今日の教訓です。覚えて帰ってね。

 

 

 

多分次の更新はダンスラッシュの話か課題図書になると思います。

0901、02

ほしみくんのふえの発表会を聞きに、けつにょくんと一緒に京都へ行っていた。

けつにょくんは2日通してこまめに写真取ったりしていてブログを更新する姿勢を整えていて偉いな~と思った。後で上がると思います。

ketunyo.hatenablog.com//追記 上がってました

 

前回の更新で夜行バスで移動した。

朝方到着。結局バスの中では寝ようと努力するもののダメだった。耳かき音声作品を5時間くらい聞いても眠気が来なかったのでかなり諦めの感情が勝った。

到着後とりあえずお風呂屋さんへ。キョート・リパブリックのお風呂屋さんはお高かった(1000円弱した)

二人とも腹減ったを連呼し始めたので京都駅周辺を彷徨ってなか卯へ。水樹奈々キャンペーンを無視して普通に牛丼を食べる。

移動。ほしみ亭の最寄りへ。迎えに来てくれたほしみくんがちょっと大きくなってるのを感じる。成長期かも。

おこめさんとみかんさんに自己紹介を済ませる。俺はほしみくんファンボーイなので、実際ここまで結構気が重かった。けつにょくんは面識あるからアレだけど俺ないし…急にオタクが押しかけていいのかな…みたいな顔をしていた。

杞憂だった。ほんとありがとうございました。

 

持っていったアナログゲームをやったりほしみくんのswitchをやったりする。

お友達の家であーだこーだ言いながらやるゲームより楽しいこと多分ない。

寝たり起きたりゲームしたりした。こいつ自分の家みたいな顔してんな…

みんな寝た後でみかんさんがガンつけてきたのでコミュニケーションを試みる。

ダメだった。

 

今日は11時くらいに起床。おこめさんに起こしていただいてしまった。

着替えてほしみくんのふえを聞きに向かう。

時間があったので京都府立図書館へ寄る。日曜だったこともあってか人が結構いる。良さげな図書館だな~みたいな雑な感想が出た。こいつ本当に専門が図書館か?

 

ふえ よかった。

 

終了後、おこめさんに先導してもらってたこやきを買う。マヨネーズが入っていなかったことに強いショックを受けながら食べる。おいしい。マヨネーズ入ってればもっと美味しいと思う。誰か言ってあげて

ほしみくんと合流して肉を食べて解散。もう一度合流できないつもりでいたのでちょっと嬉しい。

新幹線で帰宅。けつにょくんも俺もぐったりしていた。

 

本当にお二人には色々とお世話になってしまった。ありがとうございました。

 

0831 京都へ

15時起床。バーーーカ

 

お腹が空いたのでうどんを食べる。

作業は昨日で終わらせたのでゲームでもやろうかと思ってTwitterみたら、夕方からデート(意味浅)予定のけつにょくんが仕事で殺されていて不安になる(大丈夫でした)

新宿へ移動して合流。二人でラーメン食べた。

あっさりでノーカロリーだね〜〜って言い合いながら食べた。大盛り無料だったので大盛りにした。ノーカロリーは厳しいかも

高速バス乗って海老名のSA降りたらトイレがかっこよくてビビった。空き状況がリアルタイムで液晶に表示されたりしてた。

出たらけつにょくんがアイス買ってた。アイスは冷たくてノーカロリーなのでダイエット中にも食べることができる、まで即座に脳内で構文されて笑ってしまった

 

生活リズムという概念が消失してるので全然眠れない。家出るときにゴミ捨てるのも忘れたことに今気付いた。結構ショックだ。

はてなブログアプリ初めて使ったけど悪くない。内蔵ブラウザのログイン周り怪しい気がするけど。

0830 進捗

13時起床。なんとなくやる気が出ず、起き抜けからダラダラする。

徐々にやる気が復活してきたので15時半くらいに無事大学へ。

 

ボスと進捗報告する。

まあいいんじゃない?なるほどね。やってこ!いい感じ!

みたいなやり取りになった。本当はもっと言いたいことがあったのかもしれない。

打ち合わせが終わったので800字要旨書いて学会の申し込みをする。まだ内容がぜんぜん固まってないのでフワッフワしたのをそれっぽく書いた。多分それっぽくすらなってないけど手は尽くした。

ちょっと作業して帰宅。ハンバーガーさんから誘われたので帰宅後さらに作業を進める。気持ちがんばった。

 

気が狂った友人から「for the kingやろうぜ」と誘われたのでホイホイ購入して一緒にプレイ。

store.steampowered.comなんというか、不思議なプレイフィール。

一応イージーらしいんだけどかなり難易度が高く、真面目にやってるのに命が儚く散っていく。アクションとかじゃなく普通にRPGな感じなので辛い。

ゲームブック的な確率要素と敵が装備破壊してきたり状態異常がしんどかったりダメージ計算式がアルテリオスだったりで厳しい。
一応運をコントロールできるフォーカスポイントなるシステムも存在するんだけど、そこそこ貴重なのでやっぱり運ゲーせざるを得ない部分がある。

二人で「これやばくない?」「クソゲーか?」「なんだぁ…?テメェ…」「生きてるって尊いな(ドッジ)」とか喋りながらやってるから平気だけど、一人で黙々進めてたら結構狂人かも。

セオリーがわかればもう少し楽ができる気もする。

 

昼くらいに起きる予定です。